学力研

 HOME


お問い合せはこちら

2017年10月号

単語を無秩序に並べても正しい文章をつくることができないように、
各音度の和音を無秩序に並べても正しい和声は形成されない。
『和声 理論と実習機戞陛膕譲、他)音楽之友社 1964年
 
 ピアノで和音を弾きます。同じ手の形のまま、適当に和音を押さえます。うまくつながると感じるときもあれば、つながらない時もあります。
 つまり、そこには連続させることができる和音とそうではない和音があるということです。「ある一定の秩序の下、音楽は作られている」当たり前のことですが、「確かにそうだ…」という謎が解けたような感覚がありました。 情操教育、感性教育という言葉で最終的には括られることが多い「音楽」。 この冷静な文章が音楽のごく一部分ではありますが、描いていることにもしびれました。
読書の秋ということで、学力研の先生におすすめの書籍を紹介してもらいます。 教育書+αの読書が教師生活を豊かにするのではないかと思うのです。
CONTENTS
◇特集 おすすめの本 〜教育の必読書から趣味本、マニアック本まで〜 ◇ 
斎藤孝『読書力』                     金井 敬之・・・・ 2
漠然とした自分の考えに、ヒントや裏付けをくれた本 中村 力・・・・  4
教育実践の土台を養う読書を               岡 篤  ・・・・  6
人はチームで磨かれる〜斎藤孝さんから学ぶ〜   岡本 美穂・・・・ 8
心に響く                            宮本 哲・・・・・・10
趣味、仕事、子どもたちへ                岸本 ひとみ・・12
◇連載
学級崩壊への対応と予防ぁ
    清掃活動の意味づけと目標           島本 政志・・・・14
授業力を高める入力と出力 
    新たな視点を得るための入力 連載    荒井 賢一・・・・16
若い教師のために 話す力              深澤 英雄・・・・18
まったく怪しげな哲学入門                久保 齋 ・・・・20
学校見学報告 富山 堀川小学校         島本 政志・・22
局長・常任委員長だより            ・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・23
※これは先月号です。最新号は会員限定です。

コメント

コメントなし
このアイテムは閉鎖されました。このアイテムへのコメントの追加、投票はできません。