学力研

 HOME


お問い合せはこちら

2020年8月号

 元文部科学官僚の前川喜平氏が、「『なんでやろう?』と考えることが本当の学びである。それが大人になっても続いていくことが生涯教育なんだ。」と言っていました。
 生涯教育の土台となる小学校教育の役割、また私たち教師の役割が、子どもたちにとっては大きいはずです。だからこそ、子どもたちに1から10まで全てを教え込む授業ではなく、子どもが思わず考えたくなるような授業ができるよう、教師も学び続ける存在でありたいと思いました。

 今回の特集は、この夏に予定していました全国フォーラムの学年別・分野別講座の内容です。大会はなくなってしまいましたが、学力研のたくさんの実践をお届けいたします。(李)
全体はこちら パスワードが必要です。
CONTENTS
◇『 全国フォーラム学年別・分野別講座特集 』◇
●学年別講座
2年生「漢字が好きな子どもを目指して
    〜読むことと書くことのバランスを意識して〜」  杉田 聖輝・・2
3年生「漢字学習と宿題を変えた3年生の実践報告」  鈴木 基久・・5
5年生「つながりを意識した学級・授業づくり」       宮本  哲・・7
6年生「6年生こそ関わり合いで伸ばそう」         井上 佳和・・9
●分野別講座
「鉛筆の持ち方が変われば、楽しく学習できる」     前田 昌彦・・11
「高学年の苦手意識をなくす実践講座
      〜理論で描かせる絵画指導〜」         丸小野聡暢・・13
◇ 連 載 ◇
「どの子も伸ばす」を本気で考える連載㉒
    「意欲格差」に負けない!公立小学校へ     岡本 美穂・・15
授業力・教師力の守破離 
    「変化する時代こそ進化するとき」          荒井 賢一・・18 
学力研実践とは何か〜源流から探る〜
    「繰り下がりがある、あまりのある割り算」     深澤 英雄・・20
「先生のための学校」 誌上開校              久保 齋・・22      
局長・常任委員長だより                          ・・24
学力研カレンダー                              ・・25

コメント

コメントなし
このアイテムは閉鎖されました。このアイテムへのコメントの追加、投票はできません。