HOME


 

2023年2月号

 自分の頭で考えることを疎んじる世の中になれば、人は人間でなくなってしまいます

      酒井 邦嘉
      東京大学大学院総合文化研究科教授
 フランスの哲学者パスカルが「人間は考える葦である」と述べた真理は変わりません。
 考えること、創造することは、人間の脳に備わる最高次の知的能力であり、人間はそのことに最大限の生きがいや楽しみを覚える生き物なのです。自分の頭で考えることを疎んじる世の中になれば、人は人間でなくなってしまいます。
 自らの脳を鍛え、日々その能力を更新することは、それほど難しいことではありません。紙の本の読書を続ければよいからです。じっくり時間をかけて本を読み、解釈を積むことで、想像力が自然と育まれます。
  致知出版社.「紙の本が脳を創る 〜脳を鍛える習慣を失わないために〜」.
https://www.chichi.co.jp/info/chichi/pickup_series/2022/08_sakai/,(参照 2023-02-1)

 2月に入り、学力づくり・学級づくりの総まとめの時期になりました。今月号は、「〇年生のうちにこれだけはやっておきたい!」ということや、これまでの復習や習熟の方法をご紹介します。(李)
  CONTENTS   全体はこちら。パスワードが必要です。
◇特集「1年間のまとめをどうするか」◇
一年間のまとめは、三学期の始業式から計画的に       吉田雅直・・2
終わりが近づいている今すること 一年生担任として      井上佳和・・4
1年のまとめをどうするか 2月にやりたい網羅的学習     鈴木基久・・8
二年生の間にやっておきたいこと                  小川慶子・・11
歴史研究論文に挑戦                          加藤英介・・13
高学年に向けて つながる力                     福島 尚・・15
◇連載◇
「どの子も伸ばす」を本気で考える連載52
  「意欲格差」に負けない!公立小学校へ            岡本美穂・・17
温故知新の授業づくりΑ
  大切なものは目に見えないのか                 荒井賢一・・19
社会科(歴史)授業力アップ講座 
  「教科書に反映される歴史研究の成果」           深澤英雄・・22
「先生のための学校」 誌上 開校                 久保 齋・・24
サークル活動紹介                         山口左知男・・26
シャーペンを使わせてほしいと
    高学年の子どもに言われたらどうする先生       前田昌彦・・27
局長・常任委員長だより                          ・・・・・30
学力研カレンダー                           ・・・・・・・・・31

コメント

コメントなし
このアイテムは閉鎖されました。このアイテムへのコメントの追加、投票はできません。