学力研

 HOME


お問い合せはこちら

2017年11月号

 学校教育の教育機能は大きくふたつをあげることができると思う。ひとつは、学ばせる必要のあることを身につけさせる、という機能である。これを「知識習得機能」と呼ぶことにする。
 もうひとつは、学ぶ経験をとおして、自分の能力への信頼感や、将来も必要なことを身につける意欲や、自分自身の知的成長と人格的成長について内発的動機を持たせるという機能である。これを「学習性獲得機能」と呼ぶことにしよう。
岡本浩一『上達の法則〜効率のよい努力を科学する〜』(2002.5PHP)
※岡本氏の述べる上達の法則は、学習性獲得機能に含まれるそうです。
 各教科の学習内容を少し思い出すだけでも、学ばせる必要のないことは、多々あります。例えば、分数の計算。これほど算数の中では時間をとって教えているが、実生活で使うことはまずないです。逆に、それほど時間をかけない概数の概算は、買い物をするとき、何となく使っていたりします。
 ただ、学習性を獲得するためと考えれば、どんな学習内容であっても、そのことを達成できるわけです。異分母分数の加減で、分母部分が通分でき、さらに約分し、仮分数を帯分数に直すことができるということを通して、決められた手順にそって、やるべきことをやれば、正答(成功)にたどり着けるという確信を手に入れられるかもしれないのです。(荒井)

CONTENTS
◇特集 学力低位の子を救い上げる読み書き計算の取り組み◇ 
楽しい読みで力をつける                      宮本 哲・・ 2
さかのぼり指導と満点大作戦                  金井敬之・・ 4
漢字テストで一工夫                         岡 篤・・ 6
5つのポイントで子どもの目に輝きを              岡本美穂・・ 8
その学年特有の課題をピンポイントで             岸本ひとみ・・10
◇連載
学級崩壊への対応と予防ァ曾こ慘更堊阿噺紂     島本政志・・12
授業力を高めるための入力と出力「私の入力と出力の軌跡」
                                    荒井賢一 ・・14
若い教師のために〜読む力〜                深沢英雄 ・・18
まったく怪しげな哲学入門                    久保 斎 ・・20
学力研×菊池道場・第3回グランドクロスの報告      石川 満・・22
局長・常任委員長だより                           ・・23
※これは先月号です。最新号は会員限定です。